首コリ・ストレートネック・スマホ首の改善について

【最近首から肩にかけて凝っているのよ…】

最近よく耳に入ってくるフレーズですね!!生活環境が変わり今やほとんどの人たちがスマホやパソコンを使っております。

スマホ首

頭の重さは、一般的に知られているのは、大人で体重の10%ぐらいだといわれていますから、平均に5キロ~7キロ程度の重さを首、肩の筋肉が緊張して常に支えます。頭の傾きにより負荷の度合いは変わってきますのですが、15度傾くと通常の約2倍、10㎏。30度傾くと約3倍の15㎏。

スマホやパソコンの姿勢は、顔を前に突き出して画面を操作します。頭の重さ15㎏を肩の筋肉や、首筋が常時緊張し支え続けストレートネックや首コリを作り、手指の操作で肩コリを作ります。そして姿勢を悪くし猫背を助長します。姿勢が悪いと言う「身体的ストレス」を受けると自律神経のバランスが乱れます。

自律神経が乱れることにより、いろいろな症状が発症する

自律神経が乱れると、以下のような症状があらわれます

  • 首や肩のコリ
  • 腰の痛み
  • 不眠や眠りが浅くなる
  • 頭痛やめまいや耳鳴りがする
  • うつ症状やパニック障害の精神疾患
  • のぼせや手足の冷えがでる

人は空気を吸って活動をしています。空気中の酸素を取り込み筋肉を動かしていますし、脳も酸素を必要としています。吸う時は交感神経が働き、吐く時は副交感神経が働きます。姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、活動が悪くなり疲れやすくなります胸を広げて深呼吸をする楽に活動出来ますし、疲れにくいです。試しに姿勢を正して呼吸をすると非常に楽に呼吸ができます。逆に猫背のような姿勢で呼吸をすると非常に重たく感じるはずです。姿勢を調え、自律神経のバランスを整えることにより解消できます。

当院のセロトニン活性療法は脳を改善し、セロトニン、オキシトシンを活性化させ自律神経を整えます。それにより心と身体を調整し、症状を改善させます。