変形性膝関節症について

o脚・X脚の人は変形性膝関節症の予備軍です!!

 

膝関節の損傷の痛み

膝の内側におこる痛みで、歩き始めや立ち上がる時に痛みを感じ、次第に慢性的な痛みへと進みます。内側の関節面を押すと、かなり痛むので直ぐにわかると思います。変形がひどくなると歩くたびに激痛が走し、正座が困難になったり、膝に水がたまったりします。特に中高年の夫人に多く発生します。

何故、膝関節は痛むのか

膝関節の構造

ひざの関節は、体重の負担、血行不良、廊下、栄養不良、過激な運動など様々な要因により痛みが発生します。その中でも歩くことにより過剰な衝撃が膝関節を痛めます。

動物の中で直立二足歩行をするのは人間のみであります。サルから人へ進化をし、直立二足歩行を確立しました。重力に対抗して、姿勢を維持していますね。一つの例として、キャンプ場でテントを建てる時、パイプは骨、ロープは筋肉、バランスをとりながら真っ直ぐ建てますね。一番最初にバランスをとる箇所が人体では足裏のバランスなんです。

歩いても走っても衝撃を足裏に受けます。この様な状況を毎日毎日繰り返しての生活をしています。小さな地震を自分で起こしながら生活をしています。膝を支える筋肉や靭帯が支えきれなくなり骨膜が損傷し、骨膜、関節液、軟骨と連鎖反応的に炎症を起こし、痛みと腫れが続きます。

村上整体療院では、血行を良くし、関節液の循環を促し、無理な運動は避け適度な運動と足裏のバランスを整えることにより回復に導きます。

軟骨の修復には少なくとも半年以上と長時間を要しますので、痛み、腫れがなくなっても安心はできません。特に軟骨に骨棘が出来ている場合はまた炎症を再発しやすいので組織を完全に再生することが必要です。

整体で元気な身体!!元気な心!!を取り戻しませんか!!