一年半年ぶりのギックリ腰

- update更新日 : 2022年03月01日
folder未分類

何度もぎっく腰を繰り返す

再来院ギックリ腰。肩に支えられながら玄関から足が踏み出せず、なんとか時間をかけて上がってきました。以前も同じようにギックリ腰で来院。問診も出来ないほどの痛みがあり、治療ベッドに座るのがやっとでした。

前回の時と全く同じ症状でして、少し触っただけで、痛くて、痛くて、触れないからエネルギー療法を施し続けて、痛みが和らいできたので、うつ伏せになって頂き、DRTの施術で、背骨を揺らすと少し揺らしても痛いと!少ない揺らしをしながら、少しずつ大きく揺らして施術を済ませて、ベッドに座ってと言うと、何とか座れるようになり、痛みも少し和らぎ、来た時よりも楽になったと、言っていただきました。

ギックリ腰のような急性期には先ず最初は患部を冷やすこと

いつも言っていることなのですが、ギックリ腰のような急性の痛み時は、まず最初に痛い所を冷やすこと!!何故なら痛み腫れは熱を持っているから冷却する。逆に温めたらいいと思って、風呂に行く方もいるようですがこれはNGです。熱(火)の中へあぶらを注ぐようなもので悪くなりますので、決して温めたりはしないでくださいね!!  

仕事大好き人間のような方で、重い荷物を動かすような仕事をしていて腰がギックリになったので、荷物の持ち方などの指導をし、腓腹筋(ふくら)のストレッチ体操と殿筋(お尻の筋肉)のストレッチをレクチャーをさせて頂きました。

この方は慢性化しているので時間がかかるという事をお伝えすると分かった様子でした。今日がここまでしか出きないと言って、本人にも納得した様子で、明日も来院するという事で帰って頂きました。