外反母趾 浮指 指上げ足 【松山市の村上整体療院】


痛みを消す療法 愛媛県松山市山西町572-5  089-951-2544
トップページ 外反母趾 浮き指(指上げ足) 重力と健康 自律神経 お客様の声
 
 
 
足裏天国
足と健康情報、満載の笠原先生ホームページ
『足裏天国』
その他
順次掲載していきます。



 
 

  重力と健康

  
私たち整体師が、身体の歪を検査する時、
 身体が左に傾いているとか?
 右肩が下がっているとか?
 逆に左肩が上がっているとか?
 何を基準にしていると思いますか?
外反母趾
人体は、一つの構造体!それも精密な構造体!地球にある構造体の中では、もっとも精密な構造体が私たちの身体です。

  
縦 横 高さ この3次元の地球環境の中で生活していく私たち自身や私たちの周囲にあるすべての物質

机の上のコップや本や自動車!!
地球の反対側のブラジルに住んでいる人々!!
なぜ宇宙空間に落ちないのでしょうか?
または飛んで行かないのでしょうか?

それは飛んで行かないように引っ張っている力!つなぎとめている力!!があるからです。
外反母趾
それが【重力】です。ニュートンが発見した【万有引力】です。

2012/11/20の毎日新聞より 重力 こちらの新聞記事を参照すると宇宙飛行士は、重力がほとんどない状態の4カ月も宇宙に居たため、重力がある地球での生活は、すぐには適応できません。 身体に重力の負荷がかからない事として『骨量減少』も起こり、半年も宇宙に居ると、膝の筋肉は約30%、大腿骨は約10%減少するとの研究もあります。と書かれています。 重力 また、今何をしたいですかの記者の質問には、
  • ちょっとゆっくりして、重力に慣れたいと思います。
4か月ぶりの地球の感想を
  • 寒い、でも寒さが気持ちいいです。
    と答えています。

重力に慣れたい!!
この重力と云う力は非常に弱い力であるために、私たちはあまり意識をして生活はしていません。


しかしながら、立つ事にしても、リンゴを持つ事にしても、腕が肩から下がっている事も、歩く事も、走る事も、重力に抵抗した作業をしています。

一つの例として、私たちの身体は、立位の時、重心は、前後左右のバランスを取りながら倒れないように、重力に抵抗して筋肉が絶えず緊張して立位の姿勢を保っています。

人体は、一つの構造体です。世の中では色々な構造体があります。
あらゆる構造体は、重力に十分耐えられるだけの構造強度を持っています。

家にいたっては、地震に耐えられる耐震構造設計にしないと建築許可は下りません。

車にしても、走行中にガタガタ揺れたのでは、地震が起こっているのと同じです。その為快適な乗り心地にするために、タイヤ、スプリング、座席等が免震機能を発揮します。

しかしながら、4本のうち1本のタイヤの空気圧が少なければ、長く走っていると、車は走れる事には違いはないが、どうなるでしょうか?
車は、免震機能が低下して、ナットが緩んだり、ドアの具合が悪くなったりしないでしょうか?

これと同じようなことが私たちの身体にも起こります。

私たち人間の身体は、精密な構造体です。それも動き回ります。
特に足裏は、最初の衝撃を最小限にする耐震構造に創られています。

足裏の左右に掛ける体重のバランスが悪いと、
その衝撃は時間をかけるほど、関節の歪みは増してくると思われます。

その関節が、足首、膝、股関節、腰、首など弱い所から、時間をかけ
一年、5年、10年と人それぞれに時期は異なりますが破壊されます。

筋力が低下する時期と重なってきます。
何らかのことが引き金になり、ある日突然症状が現れます。

たとえば、ギックリ腰などはいい例です。


身体の具合が悪い時は、身体を休めるでしょう?
布団やベットで体を横にして休みます。この時の重力の作用は?

座位や立位の時、心臓は血液を頭にてっぺんまで送る圧力がありますが
足元に送った血液は、重力に逆らって心臓に戻さなくてはならないので、
心臓の圧力だけでは、元に戻すには少し無理があります。

手助けとして筋肉がポンプの役割をして、心臓に戻します。
その時のエネルギーが、ベット等で体を休めると、楽になります。

心臓と、足裏が同じ高さであり、重力の影響を受けにくいため、
そのエネルギ―が修復のエネルギーになります。

浮指、指上げ足、外反母趾は、足裏の耐震構造を低下させます。
予防をして楽しい人生を!!

 

トップページへ

Copyright © 2008 松山市の村上整体療院 All rights reserved.
by 松山市の村上整体療院